« ヒューレン博士という存在 | メイン | 責めは存在しない »

2009年9月11日

カリール・ジブラン、ルーミー、巡礼的生き方

皆さん、こんにちは。「宇宙の法則」エバンジェリストのにしきです。
熊野古道・巡礼の旅も詳細が決まってきて、ワクワクです。
近露の宿選びが難航しまして「やばいか・・・でも、巡礼に旅立つ必要があるならベスト
な宿があるはず。ブルーソーラーウォーター、アイスブルー、キャンセル・・・」と思
っていたら、最後の最後に見つけました。ふーっ
そして本宮大社では、なんと宿坊に泊まってしまいます。
宿坊、初体験・・・ドキドキ。
巡礼の目的地に泊まるっていいですね。
気分はこれです・・・↓
http://appleworld.com/hotelinfo/hotel/03006035/hmr/http:%2F%2Fappleworld.com%2Fhmr/
サンチアゴ・デ・コンポステーラの教会の隣に立っている豪華なパラドール(国営ホ
テル)に泊まる気分ですよ・・・

巡礼といえば、四国のお遍路さんを河合さんがなさいます。
もとい、『豊かに成功する人生セミナー』を開催します。

【高知セミナー】
9月18日(金)19時00分~21時00分
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/success20090918.html

【高松(香川県)セミナー】
2009年9月20日(日)14時30分~16時30分
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/success20090920.html

【松山(愛媛県)セミナー】
10月17日(土)14時00分~16時00分
http://www.nb-labo.co.jp/seminar/success20091017.html

この3個所全部回ると、素晴らしい御利益があるかどうかは定かではありませんが、
一個所でも行くと「幸せ」を見つけることができるようになると思いますよ。
ぜひ参加なさってくださいね。


『宇宙のマニュアル』の影響で、イスラム的な知性に自然と興味を持っていました。
すると最近、カリール・ジブランの『預言者』の新訳が出ました。
ジブランはレバノン生まれのアメリカ育ちの詩人。20年推敲を重ねた本書(1923年)で
一躍世界的な作家になりました。
アルムスターファという賢者が町を去る前に、人々から尋ねられたことをまとめたとい
う体裁をとっている本書の内容は、スピリチュアルで自由なものです。


「喜びを感じたときに、心の奥をのぞき込んでみればわかるはずだ。
いま喜びをあたえてくれているものが、かつて悲しみをもらしたものと、
同じだということが。
 悲しいときにも、やはり自分の心に目を向けてみよう。
いま涙を流しているわけは、かつては喜びの理由だったはずだ」
(喜びと悲しみについて p.54-55)


「自由な心の住むところは、大空という大邸宅だ。
そしてその扉は朝露で、その窓は夜の歌、夜の静けさなのだ」
(家について p.60)

「心が、日々の生活という奇蹟への驚きを忘れないなら、痛みも、喜びに劣らず、
驚きに満ちたものとなるはずだ。
 心の季節の移り変わりも、畑の季節の移り変わりと同じように、受け入れることが
できるはずだ」
(心の痛みについて p.83) 

など、人生の真実に触れた言葉にあふれています。
「家について」は巡礼的な感じを受けました。
知らなかったのですが、ジブランは絵もよく描くのです。
それが挿画として入っています。なので本書の完成度は高いです。
2000万人の読者がいるだけのことはあります。お勧めです。


また同時に、イスラム詩人、ルーミーも気になっています。
これまた『宇宙のマニュアル』に載っていたんです。
すごいぞ、『宇宙のマニュアル』

何かのきっかけで、デーパック・チョプラとのコラボでデミ・ムーアが
ルーミーの詩を朗読する本?があると知りました。

http://www.amazon.com/Love-Poems-Rumi-Deepak-Chopra/dp/0609602438/ref=pd_sim_m_1

それに関連して、CDもあることを発見。ここでデミ・ムーアが朗読しています。
http://www.amazon.com/Gift-Love-Friends-Present-Inspired/dp/B00000C2QN/ref=pd_sim_b_2

YouTubeに画像を発見。著作権的にOKかは不明です(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=JEmhhJuMXR0&feature=related

イスラム的な知性って縁遠いと思っていたら、全然そんなことはなくて。
いいなと思ったので、紹介しました(いけね、グルっぽくなっている)。

『苦しみを選ぶ「勇敢な魂」』を紹介する前に、情報量がかなり多くなってしまいま
した(笑)。
なので今日はここまで。
チャオ!

↓ 目先が変わった情報もおもしろいね、という方はクリック ↓

ランキングに参加しています →  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ   

コメント

こんにちわ にしきさん

9月9日のにしきさんのブログでホ・オポノポノに、興味をもった途端、河合さんの「豊かに成功する人生セミナー」が、私の地元松山で開催。しかも、私が、夢をかなえるべく受験する資格試験の前日!!

一瞬「えーー、前日?前日は勉強していたかったなぁ」なんて思っちゃいましたが、いやいや、このセミナーを受けて、手放すべきものを手放して受験すれば、合格間違いナシーー(笑)なんて気がしてきました。うまくいきそう。

にしきさん

こんにちは。

まさに今、
“悲しいときにも、やはり自分の心に目を向けてみよう。
いま涙を流しているわけは、かつては喜びの理由だったはずだ”
という心境だったので、思わずコメントしてしまいました。

ここのところずっと調子よく来ていたのですが、少し悲しく思うことがあったのです。
でも、人間、感情のある生き物ですから、そんな日もあるよね^^、と思いながら、その悲しみを自分なりに優しく包み込んで癒しているところです。

早速『預言者』読んでみたくなりました。


こんばんは。
又素敵な本の紹介をありがとうございます。
イスラムに関しては東洋でも西洋でもない何かに子供の頃からずっと憧れがありました。
幸運にも7年ほど前に数カ国訪れましたが、素晴らしい聖地など巡礼スポットが沢山ありますので是非訪れてみてほしいです。
テレビの極端に偏りきった報道と違い平和で親切な人に沢山出会えますよ。
「宇宙のマニュアル」丁度再読しようと思っていたのでブログを読んで面白いタイミングだと思いました。
最近自分の中の何かが加速している、引き寄せが加速してきているのかな?と思うことがあります。
今だやってしまうことがありますが抵抗しちゃうと時間がもったいないですね。抵抗するくらいなら一旦手放したほうが後ですんなり引き寄せれたりして驚くことがあります。
欲しいから躊躇してちゃもったいない!ってことで早速「預言者」注文します☆
ありがとうございます。

はじめまして にしきさん

有意義なブログと翻訳をありがとうございます。フランスから読んでいます。

引き寄せの法則の本を買い、ブログを読み、
理想の条件を満たした相手に、ネットの出会いで、会えたのです。一目見て、素敵な人だと思い、相手も嬉しそうな顔をして、何枚か私の写真を撮って、気にいってくれたようでした。しかし、彼はフランス人50代シングルパパ。90分デートを2回して、3回目、
彼のアパートで手料理をいただいたのに、
10代の息子さんにも気にいってもらえたのに、大喧嘩して別れてしまいました。私が、
1分で、毒消しのありがとう、を言って、喧嘩を止めたら、よかったのでした。喧嘩といっても怒鳴りあうようなものではなくて、
もうベッドインする気になれない、と言われて頭が真っ白、素敵な理想の人と結ばれると
思っていたら、突然、全てゼロになったというパニックで、私が泣き声になったので、お子さんの手前もあり、互いの誤解なのに、
結果としては、取り返せないことになりました。逆転ホームランのようなものです。


読んでいたのに、彼を否定して、ありがとう、と受け取っていませんでした。
デートも試合のようなもので、気を抜いては
いけないのかな、という感じです。

理想の人に出会ったときの自分、それからのデートの自分も、しっかり感謝の人格になっていないと成就できないのですね?

この場合、特定の相手を自分の望むように
引き寄せることができないのですから、潔くあきらめて、過去から離れ、
この人のおかげで、自分の至らないところが
わかった。もっと素敵な自分、ありがとうが
適切に言えていつもいい気分でいる自分になっていて、別の理想の男性が現れ、自分と仲良くしている、もうそうなっている、幸せだな、っていう波動を出す、ということでいいのでしょうか?

まさに思っていた理想の男性が、現実に現れたことで舞い上がってしまって、もう結婚したかのように成就したかのように、ふるまっていたのでしょう。残念でしたが、お相手の
幸せと自分の幸せは、そういう縁だったのか、と納得する、ありがとう、と思うという
ことで良いでしょうか?

理想の彼と、行きたい場所を書き出したりしていますが、どうでしょうか。

毎日、引き寄せからいい言葉を手帳やノートに書き出して読んでいるのですが、、、自分
が相手を思いやる心が足りなかったです。

お返事いただければ有難く存じます。

もみじ

にしきさま

「時間を離れ、無限に待つという無時間性に至るとき、すぐさま実現するということです」
に対する回答ありがとうございました(^^)
すっきりしました!
と正直言えませんが(^_^;)

おまけの解説までいただいて。。。
本当に嬉しいです(^^)
ありがとうございます!

時間のない感覚というのは理屈ではなく感覚でわかる時があります
ただ 無限に待つの「待つ」を意識した時にすでに物理的な時間を認識している自分がいるようです

にしきさんの説明からずれたことを言っているかもしれません(^_^;)

自分は頭でしっかり理解したいタイプだということに最近気づいた私ですが

そんな私にお薦めなのは
宇宙のマニュアルでしょうか(^^)

一度書店でパラパラと見たのですが
難しそうで もとに戻してしまいましたが

今日このブログでにしきさんが取り上げて
かつ ルーミーつながりもあることですし
(ルーミーはアースピルグリムにも出てきてましたね) 

明日さっそく本屋さんで見ようかな~って思っています

そして熊野!
にしきさんのわくわくが伝わってきますね~
そしてどうやら私も後ほど行くことになっているみたいです ですのでにしきさんのレポート本当に楽しみにしています!
私はにしきさんと違って楽勝ではないですが山道に対する苦手意識をクリーニングしながら行くつもりです(^^)

にしきさん

こんにちは!東京セミナーのプレゼンで歌い始めちゃったりしましたひろみと申します。
ブログ、いつもワクワクしながら拝見しているのです

が!!

今回のジブランの記事は突き抜けるようなインパクトがありました!!
今喜びを与えてくれているものが、かつて悲しみをもたらしたものと同じですって?!
日々の営みの中での驚きを忘れないなら、痛みも喜びに劣らず驚きに満ちたものになる?!

すごい!この人なんなんだ!!(・0・)
へこんでいたところだったので、タイムリーに響きました。これも引き寄せなのかな?(笑)
最近はクリーニングのおかげなのか、次々に内面のテーマがあぶりだされては直面させられ、クリーニングするしかないよねえと心の中でひたすら4つの言葉をつぶやいている毎日です。それでもたまにしんどくなったりして、おかげで究極の自分に還るしかなくなるというか・・。これも宇宙の愛かなあ。

自分が変わるって、やっぱりどこかで怖いです。世界が違って見えていくことも、そうして生きるのはつらいことだと過去の感情の記憶が邪魔をするのですね。私を生きるという地道さに徹することも、心細さを覚えたりします。けれど、結局それを望んでいることも、どこかで知っている。それでクリーニング、の日々・・。(同時に書きかえも必要なのかも、と今思いました)

でも、こうしてにしきさんのブログに支えられたりして、実感と共に生かされていくことはやっぱり嬉しいです。
またセミナーでお会いできること楽しみにしています!!(^0^)

今、早朝から、おはようございます^^;
まだ2回目のコメントで新参者ですが…

記事を読んで思った事、本当に感慨深いです。

生きている意味ってなんだろうと思ったり
自分の喜び悲しみ心のあり方・人生とか

もっと心を豊かに意味のある生き方をしたいと思ったりも…

読んでいるだけでも、何故か感情移入してしまったり…それはそれで良いことなんですけが☆

あっ!もちろんブログランキングクリックしておきましたよ!☆それとリンクフリーとのことで、僕の雑なブログですが、リンクリストに入れておきました★★★

また遊びに来ます^^

前向きに頑張ってみます!

もみじさん 何があったかわかりませんが、そういう結果になったことは残念でしたね。でも、「失敗」ととらえないでくださいね。50代のシングルパパの手料理なんて、すてきじゃないですか。こういう体験を積み重ねながら、成長していくのですね。それはもっとすてきなパートナーと出会うためのステップにすぎないとにしきは思います。
なお、挙げていた実践は、すべていいと思います。難しいかもしれないけれど気持ちを切り替えて、いい気分になってください。それがすてきな人と出会う唯一の方法です。

 にしきさま もみじさま

 こんにちは。
 こちらは久しぶりの雨で、木々や花が喜んでいるようです。

 もみじさんの投稿を読んで、なんとも愛おしく感じました。そして、お気持ちとってもよくわかるように思いました。
 自分の想いが相手に受け入れられない時の気持ちは、なんとも悲しくつらいものですよね。
 もう少し時間がたてば、きっとその出来事は、思い出の中で、せつないけれど、きらきらとしたものになると思います。

 今回の文章で、にしきさんがご紹介してくださっている、「喜びと悲しみについて」の文章がまさに言い当てていることだと思います。

 もみじさん、しばらくお辛いでしょうけど、にしきさんのおっしゃるように、さらに素敵な理想の方があなたを待っているはずと信じてお過ごしくださいますよう、、
 もみじさんのお幸せを願っています。

 green 

もみじさんへ

横から失礼いたします。
もみじさんには2008年08月24日のにしきさんの記事「パートナーは軽やかな波動で引き寄せる」が参考になるのではないかと思われます。この記事に対するみなさんのコメントも参考になると思います。

うふふ(えせリリアさん)。

「喜びと悲しみについて」の文章(“悲しいときにも、やはり自分の心に目を向けてみよう。いま涙を流しているわけは、かつては喜びの理由だったはずだ”)の心境だとコメントしたsaraです。

もみじさんのコメントを見て、私も同じだなぁと思い、再びコメントいたしました。
夏前にある男性に出会い、楽しく毎日を過ごしていたのですが、夏休み後“仕事が忙しい”(本当に忙しい人なのですが)というので会う時間がなく、その後今となってはフェイドアウトのような状況です。何がそうさせたのか、さっぱりわかりず、久しぶりに落ち込みました。
でも、今はその気持ちを受け止めながら、クリーニングを実践中です。

にしきさん、greenさんのもみじさんへのお返事によって、私も元気をいただきました。

にしきさん、greenさん、体験をシェアしてくださったもみじさん、ありがとうございます。
素敵な時間を過ごしてくれた彼にも感謝しながら、気持ちを切り替えて、いい気分で過ごしていきたいと思います。

 にしきさま sara さま

 こんばんは。

 sara さん、コメントありがとうございました。今度お互いにうれしい報告をし合いたいですね!

 にしきさん、熊野では、本宮大社の宿坊にお泊まりになられるのですね! 熊野になみなみならぬご縁がおありなのですね。
 ますますにしきさんの熊野行き、楽しみになりました。(*^_^*) 

 green
 

greenさん 近露から本宮大社まで27km?
おまけに意外と(笑)山道なのが判明しました。時間にしてどれぐらいだろう? 宿坊は受付が17:00終了なので、早朝スタートでがんばります!

にしきさま

はなさんのコメントを読み
去年の記事を今拝見しました

パートナーのことでも改めて大変参考になりましたし

そして何より

何かを手に入れたいときは探してはだめだということ

探せば探すほど、「持っていない」というメッセージが自分に入ってしまい、願望の本質は遠ざかるということ

これは引き寄せのベースでしたね
もうすでに分かったつもりでいましたが
忘れていたみたいです

最近あるものを探していましたので(^_^;)

もみじさんのお話がきっかけになり
はなさんがこの記事を教えてくださったので
私がそれにたどりつけたこと

ありがたいなあ。。。とまた思いました
言葉に表すとなんだか薄っぺらいですけど
心から感謝です

そして
yamさん! 素敵な名前と言っていただきありがとうございます(^^)
今日もこうやって皆さんのコメント欄で気づきを得ることができました 嬉しいですね!

 にしきさま

 私の熊野への旅は、2回ともお世話をしてくださる方に恵まれたもので、言われるままに動いてました。(*_ _*)
 
 にしきさんはきっと履き込んだシューズをお持ちだと思います。靴は大事ですよね。
 何百年も前からあるらしい、苔の生えた石の上を歩いた時、いにしえの人々もここを歩いたんだと思うと、私は感無量でした。
 と言ってもかなり歩き通した訳では無く、熊野と伊勢神宮をつなぐ熊野古道という場所で、半日歩いた程度でした。

 にしきさんの以前の文章に『レメディ』という言葉がありましたが、そういう長歩きの時には『アーニカ』があるととても助けになると思います。万が一足をひねったら『アーニカ』そして『ルータ』です。お使いですか?

 green

 
 

にしきさん、greenさん、えせリリアさん、
saraさん、

早速のご返答、コメント、どうもありがとうございました。8月24日の記事、本当にぴったりでした。

私は離婚後11年。子2人も成人しました。
シングルママ時代、子供好きの人と再婚できたら嬉しいなと思っていたのに全く素敵な出会いがなく、1人暮らしになって、人生で
出会った男性の中で最も素敵、と思った人に出会ったのでした。

なぜか、鏡のように、シンクロシティのある人で、共通点が7点くらいありました。例えば、元夫の名前と彼の次男の名前が同じ。本人が11歳の時、母が死亡。私の母が14歳の時、祖母が病死。私が離婚後8歳と11歳の子を連れて海外へ3年半滞在したことがありますが、彼も7歳と10歳の子を連れて日本から仏へ戻って4年。彼の手の指の爪の形が亡き父と同じ。彼の父の職業が大工、私の祖父の職業は棟梁。など。音楽や庭園巡りの趣味も同じで、縁を感じたのでした。

彼も息子さんも、ピーターパンのような軽やかなスリムな人で、ちょっと人間じゃないような。違和感がなかったのは、日本語ぺらぺらだったせいもあるでしょう。

ネット見合いで、他に会う約束があった人は、デート前日に捻挫したり、発熱して、行けなかったのです。そしてそれきり。だから、この人だけに会えばいい、という導きだったのかな、と思ったのでした。

でも、双方が惹かれていたのに、双方が、もう相手が自分を否定し、自分を選ばない決断をした、と誤解し、別れのメールを出すという結果に。

ジョングレイ氏や恋愛心理学のサイト、心理テストをしてみて、自分の足りないところが、何があっても相手の良い点を褒め、とにかくしてもらったことに「ありがとう」とその男性に感謝すること、言葉を挟む前に、相手の心を読もうとしてみること、であったと気がつきました。

喧嘩できるのも、その人がいてこその幸せ
であるのに、喧嘩している、今この瞬間すらも、その人と一緒にいるだけで幸せであったのに、その時は、それに気がつけなくて、自分が言ってほしい言葉を、その人が言わない
ことに、失望していたのです。

真実、その人を愛していたら、なぜ、その人が、私が期待していた言葉をかけてくれないで、いらいらしていたのか、もう少しわかったはずだったのですが。

20代、私は、本当に好きだった人が、待っていてほしいと言わずにアラブ支社へ赴任してしまい、音信不通になり、別の男性と結婚直前に、その人が帰国してきたのに、常務など招待した結婚式を今更キャンセルできない、と世間体から、彼を選べなかった過去があります。義理を取ったといいますか。

30年後、またもや、本当に好きな人を待てなかったのは、自分が成長していなかった、
せっかちな性格の因果かな、と思ったのです。

また、ほんの小さなことでも、彼にありがとう、と言えなかったのは、他人には言えるのに、子供に対して、マメにありがとう、と言っていなかったせいでは、と思い当たり、
子供に、生まれてきてくれて、どうもありがとう、あなたのおかげで、ママは成長することができました、というメールを出しました。息子からは特に返事はありませんが、娘は、とても嬉しかったようで、即返事がきました。

「成長する相手を受け入れる度量を持ち、相手に自由を保証できるかということです。
これが愛です。」

ここが重要ですね。
機嫌が悪い彼を受け入れ、彼にもすねる自由をあげることができるか、と私は受け止めました。彼が、以前、自由が欲しい、と言ったとき、それって浮気の自由?なんて想像してましたが。

折紙のくす玉を夢中で息子さんと無心に無言で作っていたので、子が寝る時間を過ぎていて、彼が疎外感と、躾を乱されてすねてしまったのも喧嘩の原因でした。が、キスもしてない交際で、「もうメークラブする気になれない」、なんて台詞を聞くとは思いもよらずに、「じゃあメークラブなんてしなくてもいい」、と答えたのが私でした。

「とにかく今日はありがとう、貴方と息子さんと過ごして楽しかった」、と言えていたら、とても仲の良い恋人になれていたかもしれません。

「軽やかに出会いをたくさん楽しむ。
特定の人じゃなきゃダメなんてエゴなことは考えない。宇宙にお任せして、理想の人が現れるのを信じる。」

このパパとは別れ、貴方を今でも好きだけど、貴方にぴったりの人と幸せになると思っています、と心に言いました。

心が安定している人とも出会いがありました。(相手は仕事上で、デートする可能性は不明ですが)別の魅力を醸し出している人でした。

宇宙が、もしも、この人だよ、と思うなら、彼がいつか誘ってくれるのかも、と思い、私からは直接、お誘いしない方がいいのかな、と静観して、心では、OOさん素敵、と思っています。グレイ氏によれば、初期の出会いは、女性は受け取り、感謝し、褒めること、と書いてあったので。

にしきさん、これでいいでしょうか?
一目で互いに好意を持った人でも、自分からは直接具体的には誘わずに、目線やメールなどで何気に遠回しに好意を見せるくらいで、待つほうが、いいのかな?というのが、私の
今のスタンスなのですが。

長文になってしまいましたが、にしきさんと皆様の早速の励ましのコメント、ありがたく読ませていただき、暖かい気分になりました。この人に会うために生まれてきた、と双方がやがて確信できる相手と出会うのが楽しみです。出会ってから数ヶ月から1年は、軽やかに交際しようと思います。

もみじ


カガヤキさんも、コメントありがとうございました。はなさんのおかげでまた学習できました。ありがとうございます。

にしきさん、皆様、私が好きなURLです。
ぴったりと息の合ったカップルの表情を見て、そう、こういう感じ、と。笑顔が絶えないカップル、これです。理想は。

"I Was Born to Love You" Crown Prince Couple of Denmark
http://uk.youtube.com/watch?v=X_I8cpTeZEo&feature=related

 にしきさま もみじさま

 もみじさんがご紹介くださった URL とっても素敵な笑顔、相手を心から愛する気持ちが伝わってくるようなあたたかい写真ばかりで、良かったです。ありがとうございます。

 私が大好きな、目を開かされた、引き寄せの実践編のエイブラハムの言葉をご紹介します。
、、、駆け引きなどない。相手をじらすこともない。つれないそぶりを見せたり、「あなたを愛しているけれどここだけは変えてほしい。」などど言うこともない。お互いに、この相手は自分が人生の中で積み上げて来た完璧な問いかけに対する完璧な回答だと思うだろう。、、、

 green

greenさま

とても納得のいくフレーズを教えて下さってありがとうございます。互いがありのままでいられる、リラックスした信頼関係、いいですね。
次回デートの際は、どれだけ互いが笑顔でいられるか、に焦点をあてようと思います。

文中の熊野古道って?と興味を持ちネットで見たら、美しいところなんですね。ありがとうございます。ホメオパシー、日本で買えるとは、知りませんでした。どこで買えるのでしょうか。
フランスですと、風邪でもホメオパシー専門医に受診して処方してもらい、街中の薬局で買いますが、小さな白い甘い粒なのに治るのが不思議です。

皆様の日々の幸せをお祈りします。

もみじ

 にしきさま もみじさま

 メッセージありがとうございました。

 ホメオパシーのレメディですが、私の友人がホメオパスで、私はその友人に処方してもらったり、注文しています。日本では、ホメオパシージャパンの HP でレメディを購入できます。
 私も家族も、友人たちも、ホメオパシーにはずいぶんお世話になっています。が、日本では、まだまだ知られていません。

 もみじさん、日本に来られる機会があったらお会いしたいですね。なんて、思ってしまいました。(^_^)


 にしきさん、いよいよ来週ですね、熊野!
今週は、ブログやお仕事は適当に(良いかげん、ということで (^_^))熊野にそなえてくださいませ。
 私はシルバーウィークは、会津に行きたくて、今、いっしょに行く人を引き寄せ中です。一人でも行って来ようと思っていますが。

 green

にしきさん、
この掲示板をお借りしてありがとうございます。引き寄せがちょっと初級になると、楽しいです。中級めざして、続けたいと思います。
greenさん、
ホメオパシーのHPを教えて下さってありがとうございました。

ご存知かもしれませんが、会津へ行かれるなら、9000年前の古墳から出土した塗りのお皿を再現されている鈴木誠一郎氏の下記の漆器のお店をお薦めします。300年前の桐から作られた軽い軽い木のスープ皿やスプーン、漆器で食べる和食も格別と思いました。名古屋のデパートでお会いした時の雑談で、土津神社が有名な霊気?のある処と伺いました。
鈴武
http://www.suzutake.net/

私のメルアドを投稿時に書きましたので、にしきさんから聞かれて個人的にメールをいただいてもかまいません。会津、私も1度行ってみたいなと思っていたのです。


皆様のご多幸をお祈りします。
もみじ

 にしきさま もみじさま

 こんにちは。
 
 このブログを通じて、またお友達ができそうで、うれしいです。
 もみじさん、メールアドレスのこと、会津の情報、ありがとうございます。古い漆器のこと、神社のこと、知りませんでした.
 私は、福島にご縁があって、会津藩のことはとても気になっています。
 それに、上杉氏のことにもこの頃興味があって。

 にしきさん、というわけで、今度私がセミナーに参加したときに、もみじさんのアドレスを教えていただく事は可能でしょうか。
 お手数をおかけいたします。
 お返事はどうぞご心配なく。熊野に向けて、お忙しくお仕事をなさっていらっしゃることと思っております。

 green

About this site
このサイトは「引き寄せの法則」(SBクリエイティブ刊)の公式プログです。

New Domain
2010年1月20日よりドメインがhttp://hikiyose.sbcr.jp/に変更になりました。新しい記事はこちらからご覧になれます。

Mobile

2010年1月20日以降の記事がご覧になれます。

Buy Now!

Archive

Mobile (旧ドメイン)

2010年1月20以前の投稿が携帯でご覧になれます。



Links
SB Creative
BREATHWISE ~癒しの天使道~
天使のヒーラー リリア・バービーのハッピーダイアリー
豊かに成功するホ・オポノポノ

Link Free
このサイトはリンクフリーです。
記事などへの直接リンクもフリーとなっていますが、記事の転載、および、画像への直接リンクはご遠慮ください(画像の再利用、再掲載、加工して転載等も禁止事項に含まれます)。


Copyrights
(C) SB Creative Corp. All Rights Reserved.